前へ
次へ

最新技術を複合的に使い医療現場で

日本国内で3DプリンターやVRを利用することで、患者への身体的な負担を低減した手術や治療が可能になるとして、医療関係者の間で研究が進められています。
患者の身体をCTスキャンで撮影し、3Dデータに変換し、VRを使って手術前にシミュレーションを行うことによって、患者の身体を開かずに手術のシミュレーションが可能となります。
シミュレーションを何度か繰り返すことによって、患者の身体的な負担を低減し、手術の成功率を高めることが可能とされているのがポイントです。
どんな人でもCTスキャンを行うことによって、3Dデータ化して開腹手術を行わなくても体内の様子を把握することができること、体調に配慮しつつ最適な手術を目指せることがメリットとされています。
また、一部の臓器を3Dプリンターで作成し、患者の体内に移植することによって、患者の身体に抵抗の少ない移植が可能となることも有名です。
医療技術を複合的に活用することによって、患者への身体的な負担の少ない治療が可能となります。

Page Top