前へ
次へ

麻酔治療と医療技術の発展を考える

ゲームだけと考えられているバーチャルリアリティですが、既に医療現場ではなくてはならない技術となりつつあります。
特に痛みを緩和させる働きに関しては、高く評価されているところが多く、既に海外では実際に医療現場で使っているところも少なくありません。
大きな例としては、患者が注射や治療に対して恐怖心を抱いている場合、VRを利用して痛みや恐怖心を緩和させることが可能となっています。
また、治療に対して恐怖心を抱いている人に対して、治療に対する正確な知識を得てもらい、納得して恐怖心を緩和させ、治療を受けてもらうことが可能です。
特に高齢者や小さい子供の場合、注射をはじめとした医療行為に対して不安を抱く人は少なくありません。
彼らの身体的・精神的な負担を緩和させる方法のひとつとして、VRを活用することが望ましいと提唱する医師は増えてきました。
麻酔などよりも高い効果を発揮する場合もあると意見を述べる医師も存在しており、麻酔による副作用が懸念される若年層の治療に対して、大きく影響することが考えられます。

Page Top