前へ
次へ

医療機関で処方される降圧剤は数種類ある

高血圧の治療に用いる降圧剤は数種類あり、医療機関へ行けば、個々の患者に合わせて最適な薬を処方してくれます。
利尿剤は降圧剤として使われることが多く、腎臓に作用して排尿を促し、体内のナトリウムを追い出すことで血圧を低くするのです。
高齢者をはじめ、塩分の取り過ぎで手足がむくんでいる場合でも、その治療薬として処方されます。
また、カルシウム拮抗薬もポピュラーな降圧剤です。
これはカルシウムイオンが血管壁へ流入するのを抑え、動脈が収縮するのを予防します。
そして血管を広げることで、血圧を下げていきます。
重篤な副作用が殆どないことから、幅広く用いられているのが特徴です。
そのほか、交感神経を抑えて血管収縮を防ぐベータ遮断薬など、数々あります。
降圧剤は種類によって値段もマチマチですから、もしも薬代を節約したい時は、受診先の医療機関で相談すると良いでしょう。
後発医薬品が販売されていれば、それに変更するだけで費用を節約できます。

Page Top