前へ
次へ

医療事務に向いているタイプとは

高齢化が進むにつれ、病院も混雑して医療関係者は多忙を極めています。
そんな中、大活躍しているのが医療事務のスタッフです。
高齢でスムーズに会計ができない患者をサポートしたり、病気でナーバスになっている患者の気持ちを和らげたりしてたくましく働いています。
収入も安定して将来性もある仕事ですが、医療事務にはやはり向き不向きがあります。
主な業務は事務や計算ですが、計算が得意なだけでは苦労するかもしれません。
まず、気持ちの切り替えがうまくできて背追い込まないタイプが向いています。
患者はひっきりなしに来ますし、中には会計で面倒なことを言う人もいます。
これをいちいち引きずらず、割り切れる強さも必要です。
そして強さだけでなく思いやりも必要です。
思いやりにもいろいろありますが、相手は患者ですから、遠慮せずどんどんわかりやすい気遣いを見せられる人の方が向いているでしょう。
あとは周囲に合わせてスピード感のある仕事ができると重宝されます。

Page Top